DESIGN U LAB 人の輝きをデザインするラボラトリーDESIGN U LAB 人の輝きをデザインするラボラトリー

知って磨いて表現する。
最高の自分に出会う方法をお伝えしています。

DESIGN U LAB 人の輝きをデザインするラボラトリー

隠れたあなたを示すのが骨格

2019.01.31

バランスを磨くというお話をしています。
昨日はお顔のバランスを見極めるには、細かい粗捜しをせずに全体像を鏡から離れて見ることをお伝えしました。

今日は身体のバランスについてお伝えするのですが、、、
身体のバランスについては時間があっても足りないくらい幅広いテーマなので
ここでは一つのポイントに絞ってお伝えすることにします。

それは「骨」のバランス

体型を見るとき、太っているか痩せているか、だけが重要ではなくて、
見えないけど実は大きな役割があるのが、骨格なのです

痩せているか太っているかは、その人のライフスタイルが見えてくるものですが
贅肉の下にある骨格は、その人の根本的な性質を現すとも思えるくらい重要な要素
また骨格は年齢を重ねてもほぼ変わらないもの
自分がどういう骨格なのかを理解することは自分の一生の見せ方を左右します。

骨格を理解するポイントはこの3つ

①頭
②肩周り
③ウェスト周り

他にもありますが、この3つが大事

頭の骨は、おでこのライン、頬骨のライン、顎のラインの全体をみます。
骨の印象がシャープで強いか、それとも丸みがあるのかで
雰囲気が大きく変わります

肩の骨は、肩幅、鎖骨周辺。肩が張っているか、なで肩なのか
鎖骨や首のラインは直線的か、優しいか。

ウェストは、くびれていて華奢な感じなのか、
寸胴気味でしっかりしているのか

まるでレントゲンを見るかのように、これらの骨格を総合的に見ると、
その人の隠れていた雰囲気やキャラクターがじんわり浮きでてきます
骨は嘘つかない。。。本当です。

ちなみに、どちからというと肩が張ってる人の方が洋服映えはします。
頭は小さければ良いと思うのも間違いで、西洋では大きい方が良いという見方もあります。
ウェストはくびれていないと女失格的な考えもありますが、くびれていなく素敵な人も沢山います。

私個人を例に挙げると、なりたい女性像と骨格が示す自分に大きなギャップがあり、
とてもショックでした。やはり私は慣れない自分に憧れてたんだなと。
でも自分じゃない人間になろうとすることは意味が無いですね。
自分の生まれ持った素質を受け入れて磨くことにしました。

その私は、頭がかなり大きく、肩がとても小さく、ウエストはくびれていない、
というかなり致命的とも受け取れる感じですが、これらを理解した上で、
自分のベストバランスを見つけていると思っています。がこれも最近の話。
最近まで色々迷った果てに辿りついてる結論です。

ということで、身体のバランスは骨のバランス。
じっくり全身鏡で見てあげてくださいね。

しばらく冬晴れが続いていましたが、今日は久しぶりにどんより空。
今日は仕事が終わったら一人で映画を見に行きます。
こんな時間的贅沢、10年ぶりです♪