DESIGN U LAB 人の輝きをデザインするラボラトリーDESIGN U LAB 人の輝きをデザインするラボラトリー

知って磨いて表現する。
最高の自分に出会う方法をお伝えしています。

DESIGN U LAB 人の輝きをデザインするラボラトリー

自分と服の関係を良くする「バランス」

2019.02.05

2月に入り、セールの時期も終息を迎え少しホッとしつつ。また春夏のものが並び始める今日この頃。新しいものが毎シーズン店に並ぶ。この春夏は何を着ようか、どんなオシャレをしようかしらと考える。プチプラで気軽に買いやすくなった。

でも、何を着たら良いのか分からない、、、という方も多いと思う。商品や情報、選択肢がが多すぎてどれが似合うのか、何が自分らしいのかよく分からない。

街を歩いていると、ファッションアイテムを積極的に取り入れてる、ファッションの主張強気型か、あるいはファッションをあまり取り入れない、ベーシックもののみで固める、主張を持たない型と、はっきり二つに分かれる気がする。

前者の場合、今風感は出るんだけど、主張が強すぎて、その人本来の個性が埋もれてしまうこと
後者の場合、印象は悪くないんだけど、あまりにも特徴がないので、個性を消してしまう。

自分と服の関係。ここでのベストなバランスはどこにあるのだろうか。ここのバランスがわかっている人は少ない。

自分にとって何が快適で且つ素敵になれるのか。
考えるポイントとして二つのポイントを挙げてみたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
①どのスタイルをとり入れるのかをハッキリさせよう
②スタイルの取り入れかたがポイント

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

①どのスタイルを取り入れるのか

一番良くないのが、スタイルや方向性が無いあるいはハッキリしていない。まず、自分がこの季節どんなスタイルで行きたいのかをはっきりさせることです。クールで洗練された感じなのか、逆に甘めで可愛くしたいのか、洗練されたスポーティーなのか。自分のテーマを明確にすること。あれもこれもではなく。自分のテーマ、ストーリーを決めて、それをあらゆるシーンで深掘りするのが良いと思います。

それに良い方法は、買うブランドやお店を一つ(また二つ)に絞ると良い。ブランドやお店はそのシーズンにつき、一つのストーリーを展開しているので、そこに絞ると、スタイルがフラフラすることがない。できればシーズンを超えて、絞ると良いです。そうすると前シーズン買った服も続けて着られるし、無駄買いすることがない。自分のイメージを固定させて、深掘りしながら磨くことができる。

もう一つは、目指す女優やセレブを決めて、そのスタイルを真似る。海外のセレブの方がスタイルが明確なので、外国人の方が良いです。よく日本人と外国人は違うからと、、という方もいるけど、結局来ている服は着物ではなく、洋服なので、ルールは海外と同じです。

②スタイルをどう取り入れるか

決めたブランドやお店のアイテムを多く買うほど、スタイルは明確になるけど、予算や優先順位がある。要らないものは買う必要なし。効率よくスマートにお買い物したい。ここでポイントは、二つあります。

Point 1; おしゃれはボトムスから!
靴とボトムスをセットで考えます。コーディネートの中で、実は靴とボトムスの相性が難しいところ。丈や形、色や雰囲気が統一されていると相性が良いけれど、靴が揃っていないと残念な感じになる。ボトムスのバランスを揃えて、日々のシーンを想定して2〜3パターンほど決めます。靴とボトムスで良い関係を作ることができれば、着こなしの完成度が一気に高まります。トップスを優先して考えると、ボトムスが決まらずバラバラな印象になってしまう。先にボトムスを考えてから、トップスを考えるとその後のコーディネートがスムーズになります。

Point 2; 主役を一点に絞ること!
例えば綺麗な色のニットを着ていたら、そのニットを主役にして、他の色は抑え引き立て役にする。数字で配分すると、ニットに65点、バッグに20点、コートに10点、靴に15点、という具体に、全部で100になるようにする。インパクトの強いかっこいスポーツジャケットを着ていたら、それに全体を合わせてジャケットを引き立たせる。ジャケットに80点、パンツに5点、バッグに10点、靴に5点と。全体で100になるような感覚でお互いのバランスを調整します。ジャケットもアクセサリーも、バッグも靴も、すべて主張していると、印象過多に。反対にどこにも特徴がなかったら、印象は薄くなる。このように主役を一つに絞って、全体の強弱を考えると、バランスがうまくまとまります。

このように、まずは自分のスタイルを明確にすること。ボトムスと靴のセットからコーディネートを整え、全体の強弱を100に調整する。これをすることで、今まで何となく服を着ていたあなたも、徐々に自分のスタイルが磨かれていきます。ファッションに埋もれず自分の個性を出すことができるようになります。自分と服との関係より良いもになることを実感するはず。無駄な買い物をしなくなります。