DESIGN U LAB 人の輝きをデザインするラボラトリーDESIGN U LAB 人の輝きをデザインするラボラトリー

知って磨いて表現する。
最高の自分に出会う方法をお伝えしています。

DESIGN U LAB 人の輝きをデザインするラボラトリー

“I am” 21days program – 3日目、自分の魅力

2019.05.10

DAY3  自分の魅力

”I am” は、自分らしさを見つけて、素敵に生きるためのプログラム。

昨日は自分のコンプレックスをしっかりと見て受け止めるという作業をしてもらった。あまり楽しい作業ではないけれど、最初にここをしっかり抑えることが大事。自分を知ること。そこから逃げてはいけないのです。

そして今日もさらに自分を深く見ていくことに。今日のテーマは、「自分の魅力」。そう、昨日から180度意識を変えて、今度は自分の素敵なところ、美しさ、どんどん見つけていくのが今日の作業。

ところが、自分の魅力って、なかなか自分では分からない。自分の好きなところは沢山あっても、本質的な魅力は、他人の目の方が捉えていたりする。そこで今回は、自分の信頼出来る友達や家族に、自分の魅力を挙げてもらおう。恥ずかしいけれど、自分の母親だったり兄弟だったり、信頼出来る友達だったらこっそり聞けるかも。

(実はこういう会話はとても大事。家族でも友人でも、本音で自分のことについて話せて、自分の魅力をちゃんと分かってくれる人と付き合おう。もし、自分の魅力について聞いた時、ちゃんと答えてくれなかったら、残念である。そんな友達ならサヨナラしても良いと思う。家族でも、何言ってるの〜、と笑って流されたりするかもしれない。

残念だけれど、それはそれ。反対に自分も家族や友人に対して、魅力的なところはどんどん認めて、口に出して褒める習慣をつけてみよう。そうする相手も悪い気がしない。日本人は褒めるのが苦手。嘘は言わなくて良いけれど、相手をどんどん誉めてあげて。それがあなたにも返ってくるから。)

人の魅力って、本人が自分で感じるものではなくて、自分から放たれて相手に受け取られた時に初めて魅力となる。だからこそ他人からみる自分の魅力って、意図しない意外なところにあったりする。そしてとても本質的だったりする。

内面と外面、両方の魅力を聞こう。内面的なところは比較的挙げてもらいやすいけど、外見的なものはあまり触れられない場合がある。日本は精神性を重んずる文化なので、外面は表面的であまり重要ではないという考え方がある。けれど、そうではない。

外面的な魅力はあなたが生まれ持った宝。目鼻立やスタイルの良さだけが外見ではなくて、明るい笑顔や、優しい眼差し、エネルギッシュは体格、など外見から感じられる雰囲気でも良い。自分を相手を褒めてみると、良く分かる。外見はパーツや形的なものと、姿からくる印象的なものがあることを。

今日から、相手を褒め、自分も誉めてもらう人間関係を作ろう。人生がどんどん豊かになってくる!