DESIGN U LAB 人の輝きをデザインするラボラトリーDESIGN U LAB 人の輝きをデザインするラボラトリー

知って磨いて表現する。
最高の自分に出会う方法をお伝えしています。

DESIGN U LAB 人の輝きをデザインするラボラトリー

“I am” 21 days – 5日目 – 価値観を整理するマンダラ

2019.05.27

”I am” は、自分らしさを見つけて、素敵に生きるためのプログラム。

今日まであなたは、鏡で自分を見つめ、コンプレックスもチャームポイントも全て受け止める作業をしてきた。さらに、いつもの自分の視野を少し広げるために、海外雑誌でイメージや情報を取り入れてイメージを膨らませてみた。これらの作業ではあなたはまだ表面的なところしか触れていない。それゆえに、少し心地悪く、不安な気持ちにもなってはいないだろうか。それがこのプログラムの目的ではないので、安心して!

もし今、心地悪い気持ちがあるとしたら、なぜだろう。それはあなたの深いところにある内面に触れていないから。自分の心の奥底にある価値観こそが、あなたに取って揺るぎない碇になる。そしてこの価値観があなたの外観と繋がっていることが、心地良さや、充足感に繋がる。

今日はあなたの価値観を整理する作業をしてみよう。紙と鉛筆を用意して。

最初にあなたの名前を書いて。次にあなたが大切にしていること、言葉やキーワードを8つ書いてみよう。まだ実現していなくても、あなたの未来の理想や、成りたいイメージでも良い。

次に、それら8つの夫々の言葉から、さらにその言葉に繋がる行動を8つ挙げてみる。

これは自分自信を可視化できる、マンダラといい、多くの人が自分の目標を達成するために使っているツールで、自己実現のためのロードマップになる。

これを実際に作るにはじっくり時間を費やす必要が出てくるかもしれない。人によってはマンダラのマスを埋めていくのが結構大変だから。自分が大切にしている事柄が8つも思い浮かばないかもしれない。

私は自分のマンダラ作りに初めて取り組んだとき、なかなか8つが埋まらなかった。周辺の8つが埋まらないということは、本来自分が大切にしている事柄に対して、情報が足りなかったり、取り組んでいないということがわかる。

マンダラは自分を見失っている時に、自分の立ち位置を再確認するのにとても便利な地図である。どこで何を迷っているのかがわかるし、自分の強みや弱みもわかってくる。

“I am”のプログラムの中で、このマンダラを導入した理由は、自分の指針や価値観を、可視化するのにとっても有効だから。自分の理想や価値観が自分の外観を通して表現できていると人は満足できる。あなたがあげた8つの価値観を、しっかりと自分を通して可視化すること。

この作業はすぐには終わらない。数日間を要するかもしれない。 21日間のプログラムでは度々このマンダラに立ち返ることになるから、大事にパソコンやノートの中に保存しておこう。この21日プログラムが終わっている頃には、自分の姿と行動が明確になってくるのがわかるはず。楽しみにしていよう!