DESIGN U LAB 人の輝きをデザインするラボラトリーDESIGN U LAB 人の輝きをデザインするラボラトリー

知って磨いて表現する。
最高の自分に出会う方法をお伝えしています。

DESIGN U LAB 人の輝きをデザインするラボラトリー

イヴ ・サン・ローラン ディナーイベント : 自分の世界を高めてくれるテーブルマナー

2019.04.19

この春の夜、30人の美しい女性たちが、コンラッドホテルのフレンチレストラン 「コラージュ」に集まった、エコール ドゥ YSL ボーテ。YVES SAINT LAURENT BEAUTE が主宰する学びの会の、第一回目「テーブルマナー」を学ぶ会の講師として、デザイン・ユー・ラボをお招きいただきました。

会場には鈴木えみ、高橋愛、MEGBABY、AMIAYAなど、モデルやアーティストなど多彩な女性が集まり、「アンクルドポールクッション」のデコレーションとともに、YSLのエッセンスが溢れるラグジュアリーなテーブルセッティングが登場しました。ディナーも特別にこの夜のために考えられた、美とアートが凝縮されたコースメニュー。30席が並ぶロングディナーテーブルはそれは圧巻!

YSLが似合う人とは、まさに「選ばれた人」でしょう。YSLほど、アイテムを手にするだけで、身が引き締まり、女の格をぐんと上げてくれるブランドは、ないと思っています。YSLらしさとは、揺るがない姿勢、エッジのある美しさ、媚びないスタイル、自由で革新的なアティチュード。

レクチャーのテーマはまさに、「YSLウーマン」になるためのマナー。日本の女性たちが世界のトップクラスの人たちに囲まれてディナーをともにすることを想定し、最高の振る舞いと美しさを体現するためのお話をさせていただきました。

ナイフやフォークなどのカトラリーの正しい持ち方、ナプキンの使い方などマナーの基本はもちろん、フォーマルディナーにふさわしい服装やアクセサリー、お化粧直しのタイミングなどについてお話ししました。今の女性は西洋文化の作法については慣れているものの、食文化そのものが簡素化しているので、意外と知らないことが多いです。今更聞けないマナーの基本を改めておさらいすることで、本番では堂々とこなせるようになります。

ではディナーのシーンで、「YSLウーマン」になるためのエッセンスとは。
ここでイヴ・サン・ローラン氏が残した格言をご紹介します。

Fashion fades, style is eternal.
ファッションは消え去るものだけれど、スタイルは永遠である

Without the elegance of the heart, there isn’t any elegance.
心がエレガントでなければ、エレガントであるとは言えない

The most beautiful makeup of a woman is Passion.
女性にとって一番美しいメイクアップは、情熱である。

イヴ・サン・ローラン氏の哲学が伺えます。ファッションや、エレガントな装い、美しいメイクは、目に見えるものだけど、大事なのは、目に見えない精神や心のあり方。ファッションやメイクは自分の心を整えるための手段であり、目的ではない。

テーブルマナーの基本を守り、美しい所作を知って身につけることは大事であるけど、そこで終わりではない。ディーナーテーブルで一期一会で出会った人たちと、会話を楽しむこと、真心を交わしコミュニケーションをとることに真の価値がある。それが何よりも大事であり、このレクチャーで伝えたかったことです。

ディナーは、カジュアルなものであれ、フォーマルなものであれ、人と出会い、自分の世界を広げてくれる。美しいマナーを身につけ、少し背伸びして素敵な場に出向くことは、自分の世界を高めてくれる。そういう意味でレストランという社交の場は、人が成長するための大きな役割を担ってくれています。

WWD.com 掲載(4月3日)
https://www.wwdjapan.com/832622